即日融資は消費者金融系カードローン!

カードローンの利用を検討する人の中には、

 

今日中にお金が必要…
審査を早く終わらせたい

 

といった要望を抱く人も多いでしょう。

 

そこでおすすめなのが、消費者金融系カードローンなんです。

 

今回は、消費者金融系(銀行系)カードローンで即日融資を成功させる方法について、徹底解説していきましょう。

 

これからカードローン利用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

どうして消費者金融系カードローンがおすすめなの?

 

今日中にお金を借りたい!そんな時に便利な消費者金融系カードローン。

 

しかしなぜ消費者金融系カードローンがおすすめなのか?その理由が気になりますよね。

 

そのポイントは、次の3つが挙げられます。

 

  1. 審査がスピーディー
  2. 申込み者の枠が広いから利用しやすい
  3. 銀行カードローンは即日融資に対応できない

 

詳しい説明について、下記でみていきましょう。

 

審査がスピーディー

 

消費者金融系カードローンの強みは、何と言っても審査の早さです。

 

実際に、スピーディーな審査を心掛けている代表的な消費者金融系カードローンを見ていきましょう。

 

アコム 最短30分審査
プロミス 最短30分審査
SMBCモビット 最短30分審査
アイフル 最短30分審査

 

さらに融資までの時間を含めると、約1時間程度で借入することも可能です。

 

即日融資を成功させる最大のポイントはスピード力なので、審査が早い消費者金融系カードローンがおすすめと言えます。

 

申込み者の枠が広いから利用しやすい

 

次に注目したいのが、幅広い層が利用しやすいカードローンサービスであること。

 

銀行カードローンの場合は申込者の枠が狭く、審査もハードルが高い傾向にあります。

 

しかし消費者金融系(銀行系)カードローンは安定した収入があれば、

 

  • パート
  • アルバイト
  • 学生
  • 派遣写真

 

など、非正規雇用の方でも気軽に利用することができます。

 

利用者の窓口が広い分、利便性も高いので、急な出費に対する対応にも安心ですね。

 

銀行カードローンは即日融資に対応できない

 

どうして消費者金融が即日融資に強いのか?その最大のポイントは、銀行カードローンでの即日融資ができないこと。

 

2018年から法律が変わり、銀行カードローンでの即日融資対応が廃止されました。

 

即日融資NGになった理由としては、次の2つが挙げられます。

 

  • 利用者の自己破産防止
  • 暴力団関係者への融資を阻止する

 

銀行カードローンは、基本的に総量規制対象外です。そのため利用者の返済能力にすべてが委ねられ、結果的に自己破産をする人が増加してしまいました。

 

こうした事態を防ぐために銀行カードローンでは即日融資を廃止し、審査に時間をかける方向性に至ったのです。

 

また暴力団の融資を阻止するため、審査では警視庁のデータベ―スを照会義務付けられました。

 

そのため審査から融資までの時間が数日かかってしまうになったのです。

 

即日融資を考えている人は、必ず消費者金融系カードローンの利用が必須になってくると言えるでしょう。

 

消費者金融って危なくない?大手消費者金融系カードローンなら安心!

 

消費者金融と聞くと、多くの人々は

 

  • 闇金じゃないの?
  • 怖い人が取り立てに来ないか不安
  • あまりいイメージがない

 

など、悪い印象を持っている人も多いですよね。

 

しかし近年の大手消費者金融系カードローンでは、銀行グループの傘下であるケースも多いです。

 

銀行グループの代表的なカードローン会社としては、

 

  • アコム…三菱ファイナンシャルグループ
  • プロミス…SMBCグループ
  • SMBCモビット…SMBCグループ

 

など、信頼できる銀行グループの傘下にあるので安心できるでしょう。

 

消費者金融系(銀行系)カードローンのおすすめ比較サイト

 

人気の銀行系カードローンを徹底調査しています。
銀行系カードローンのお得な利用方法や各種条件での比較などカードローンの利用を検討中の方はぜひカードローン選びの参考にどうぞ。
自分の条件にあったカードローンが見つかれば返済計画も立てやすくなります。

 

消費者金融系(銀行系)カードローン比較

 

返済に関する強引な取り立てはない!

 

近年では、貸金業法の法律も厳しく取り締まられています。

 

そのためテレビなどでよく見かける「怖い人が家に押しかけて強引に取り立ててくる」といったような事態はありません。

 

催促についても、徐々に段階を踏んで行われます。基本的には、書類の郵送や電話対応になります。

 

それでも返済遅延が見直されない場合には、法的な手続きをしたうえで自宅へきます。

 

ある程度の段階を踏んだうで催促の手続きが行われるので、「怖い」というイメージはなくなるでしょう。

 

消費者金融系カードローンの利用する3つのポイントを徹底解説!

 

ここからは実際に、消費者金融系カードローンの利用方法について説明していきましょう。

 

その方法として、必ず次の3つを押さえておいてください。

 

  • 申込み方法は必ずネット!
  • 土日の即日融資はカード発行必須
  • 借入希望額は低めに設定する

 

詳しい説明については、下記で確認していきましょう。

 

申込み方法は必ずネット!

 

多くのカードローン会社では、複数の申込み方法を用意しています。中でも一番審査が早いのが、インターネット申込なんです。

 

インターネット申込では、おおまかに次のような手順で審査が行われます。

 

  1. ネットで情報入力
  2. 仮審査
  3. 必要書類提出
  4. 本審査
  5. カード発行
  6. 申込み完了
  7. 借入スタート

 

インターネット申込の特徴は、審査が2段階に分かれていること。

 

はじめの情報入力後、スコアリング形式で申込み者の返済能力を素早く点数化します。

 

機械によって行われるため、時間短縮の大きなポイントです。

 

また必要書類の提出もネット上でOK。大手カードローン会社の多くは、専用アプリによる書類提出サービスを設けています。

 

そのため、わざわざ店舗や自動契約機に足を運ぶことなく、申込みから審査まで進めることができるのです。

 

その後、本審査で在籍確認などを行い、審査通過すれば借入スタートとなります。

 

WEB完結型ならカードレス!

 

また多くードローン会社で設けられているサービスとして、WEB完結型の申込み方法があります。

 

このWEB完結は、

 

  • 在籍確認は書類対応
  • カード発行なし
  • 審査から融資まで一番早い

 

といった特徴を兼ね備えています。

 

ネックとなる在籍確認の電話連がなく、カード発行の手続きも必要ないので魅力的ですね。

 

また審査から融資までのスピードとしてはWEB完結が一番早いです。

 

しかし一つ注意したいのが、WEB完結は基本的に「振込キャッシング型」であること。

 

振込キャッシングは銀行の営業日に左右されるので、即日融資を受ける時間帯や日時が限られてしまいます。

 

そのため最低でも、平日の15時までには申込を済ませる必要があるでしょう。

 

土日の即日融資はカード発行必須

 

前述したように土日や休日の即日融資は、WEB完結型の申込み方法では不向きです。そこで便利なのが、カード発行型の申込み方法。
まずはその流れについて、下記で確認していきましょう。

 

  1. ネットから申込み
  2. 仮審査
  3. スマホで書類提出
  4. 本審査
  5. 自動契約機でカード発行
  6. 手続き完了
  7. 借入スタート

 

おおまかな手続きの流れはWEB完結がたもカード発行型も変わりません。しかしカード発行は、自動契約機に足を運んでカードを受け取る必要があります。

 

カード発行をするとATMキャッシングの対応になるので、24時間365日借入OK。

 

そのため土日・祝日も関係なく即日融資を成功させることが可能です。

 

ここで一つポイントなのは、事前に申込みをネットで済ませてから、自動契約機でカード発行すること!

 

自動契約機でも手続きを行えますが、土日・祝日は自動契約機も非常に込み合う時期になります。そのため急ぎの場合は、ネットで手続きを済ませておくとスピーディー。

 

その後カード発行手続きのみ自動契約機で行うのがポイントです。

 

借入希望額は低めに設定する

 

冒頭でも説明のように、審査時間を早めるkとおで、即日融資の成功につながります。

 

そこで審査を早めるポイントとしては、希望借入額を低めに設定すること。そうすることで審査のハードルも下がるので、よりスピーディーに判断して、もらえるポイントになります。

 

逆に初回利用で高額融資を希望すると、その分審査も慎重になるので時間がかかります。

 

また多くのカードローン会社では、50万円以下の借入であれば収入証明書も必要ありませんので、必要書類の準備にも時間を取られませんね。

 

初回利用の高額融資は審査に通りづらくなる!

 

また初回利用での高額融資は、審査に時間がかかるだけでなく、審査に落ちてしまう可能性も高くなります。

 

そのカードローン会社で利用履歴がない状態の場合、信用がありません。

 

そこで、いきなり高額融資を希望すると、カードローン会社側としては返済してもらえるかどうか?不安になります。

 

こうした理由から審査に通りやすくするためにも、初回は必ず希望額を低めに設定しましょう。

 

即日融資でも在籍確認される?

 

カードローン会社の審査では、必ず本審査として在籍確認が行われます。

 

これは即日融資の場合でも同じです。

 

この在籍確認の目的は、申込者の提供した情報に誤りがないか?を確認するための作業になります。

 

その確認方法として会社に電話を入れ、申込者が在籍しているかどうか確認します。

 

土日や祝日は会社が休み!そんな時は担当者に相談しよう

 

利用者の中には、土日や祝日に即日融資をしたい!という人もいますよね。

 

しかし会社が暦通りの休みを取っている場合、在籍確認の電話に応答できないケースもあります。

 

そうでなくても、在籍確認の電話がネック…と感じる人もいます。

 

こうした事態には、まず申込み後にすぐ担当者へ連絡を入れて相談してみましょう。多くのケースでは、書類対応にも変更可能です。

 

電話の代わりに書類で在籍確認を行う場合は、次の書類を用意する必要があります。

 

本人確認

運転免許証
※パスポート・健康保険証

勤務先確認

・社会保険証
・組合保険証

収入証明

・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
・税額通知書
・給与明細書2か月分
いずれか1点

 

必要となる書類としては、「本人確認できるもの・勤務先を証明できるもの・収入証明できるもの」となります。

 

各カードローン会社で書類の種類異なるので、詳しくは公式サイトで確認してみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は消費者金融系(銀行系)カードローンで即日融資を成功させる方法について、解説してきました。

 

最後に今記事のおさらいとして、ポイントを確認していきましょう。

 

  • 消費者金融系(銀行系)カードローンは即日融資に強い
  • 銀行カードローンは即日融資不可
  • 即日融資を成功させるポイントは必ずネット申込みを利用する

 

今日中にお金が必要!となったときの助っ人して、ぜひ消費者金融系(銀行系)カードローンを利用してみてくださいね。